真壁海中写真館

Underwater Photography

『真壁海中写真館』水中撮影機材がパワーアップ!


『真壁海中写真館』の水中撮影機材がパワーアップ!しました。

これまで5年以上、Canon EOS 40Dを使って撮影してきました。

このたび、Canon EOS 5D Mark IIIに、カメラを換えました。
00-1.jpg


そしてマクロレンズも、"Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM" を購入。

ハウジングも買い換えて、こんな姿になりました。
00-2.jpg


レンズは、これまで使ってきたフィッシュアイレンズ "Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS" と合わせて2本を、用途に応じて使い分けていきます。


パワーアップした水中撮影機材。

どんな写真を撮ることができるか・・・楽しんで撮影します!

FC2 Blog Ranking
 
スポンサーサイト
  1. 2015/10/13(火) 20:55:23|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『真壁海中写真館』水中撮影器材に新兵器登場!

こちら『真壁海中写真館』の水中撮影機材については前回、2010/10/9に紹介記事を書きました。

それから早くも2年あまり・・・新たな器材を追加しましたので、紹介します。


「Cacnon EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」
20120707.jpg

そしてこのレンズ用に、オーダーメイドでドームポートを作成いただきました。
20120815.jpg

今まではマクロレンズを中心に使っていましたが、フィッシュアイレンズの登場で、これからは広い海をすみずみまで??撮影できます!


現時点での器材リストは以下の通り。

①カメラ本体:   Canon EOS 40D
②レンズ:     (1)Canon MACRO EF-S 60mm USM
          (2)Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ
          (3)Cacnon EF8-15mm F4L Fisheye USM
③ハウジング:   Seatool SDH-C40D
④外付けストロボ: INON D-2000
⑤ターゲットライト:INON LE550-S


フィッシュアイレンズ使用時は、マクロでは1本ずつだったアームを2本連結して、「タカアシガニ状態」での撮影となります。

満を持して??の、一眼ワイド撮影への挑戦。
どんな写真が撮れるやら・・・楽しみです!

FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/26(金) 21:50:09|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『真壁海中写真館』の水中撮影器材

自分の水中撮影器材については、カメラをコンデジからデジイチに変えたときに、ご紹介したことがあります。

そのときの記事はこちら


カメラとハウジングは変えていないのですが、その後、周辺装備を少しずつ、改良?しました。

せっかくなので、2010年バージョンの姿をご紹介します。
撮影装備2010夏

①カメラ本体:   Canon EOS 40D
②レンズ:     (1)Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM
            (2)Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
③ハウジング:   Seatool SDH-C40D
④外付けストロボ: INON D-2000
⑤ターゲットライト: INON LE550-S

最近では、④ストロボを2灯に、⑤ターゲットライトをLEDハイパワータイプにしたのが、おもな変更点です。


大きさの比較用に、腕時計型ダイブコンピュータとマスクを入れて撮りました。

陸上では重くてかさばります。

でも水中では浮力がかかるので、ほとんど重さは感じません。


移動中は片手でぶらぶらさせています。
5-29-IMG_1158.jpg
atopapa様撮影 @伊豆大島。
 ぼ~っとしていたら撮られてました・・・。



アームのとりまわしなど、見直したい部分がいくつかあります。

そしてレンズもあれこれ試したいのですが・・・あまりお金もかけられないので、しばらくはこの装備で撮影を続けると思います。


体力的にもお財布的にも?? 水中での撮影は、なかなかタイヘンなのです。


FC2 Blog Ranking

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/09(土) 17:38:34|
  2. ★このブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
写真、ダイビングそして読書を楽しむ、ごく普通のサラリーマンです。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

あわせて読みたい