真壁海中写真館

Underwater Photography

ネンブツダイ

2013/12/21-12/22 伊豆海洋公園ダイビング (3)

2013年の年末ダイビング。

2日目もまず1本目は、「2番の根」方面に行きました。

根の斜面で出会えたのが、こんな光景でした。

群れで押し寄せてくる、ネンブツダイです。
伊豆海洋公園のネンブツダイの群れ

10月に撮影した時よりも、個体のサイズが大きく、ボリュームを感じました。

「うわぁ~!」と思いながら撮影している間に、群れは通り過ぎていきました。


ネンブツダイ
Apogon semilineatus
魚類 スズキ目 テンジクダイ科
伊豆海洋公園
2番の根 水深33m
2013/12/22
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/11/20(木) 20:45:27|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメダイ

2013/12/21-12/22 伊豆海洋公園ダイビング (2)

2013年の年末の、伊豆海洋公園ダイビング。

この日の2本目は、「ブリマチ」方面へ行きました。

おなじみの、ウミトサカが生い茂るエリアで、撮影です。

時期が時期だけに、クリスマスツリーをイメージして撮影!?
伊豆海洋公園のスズメダイ

水温が下がってきたせいか、ウミトサカもくったりしたものが多かったですが、これはこれで面白いかと。

スズメダイやキンギョハナダイなどが、身を寄せていました。


スズメダイ
Chromis notata
魚類 スズキ目 スズメダイ科
伊豆海洋公園
ブリマチ方面 水深30m
2013/12/21
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/11/18(火) 21:31:39|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワハギ と キタマクラ

2013/12/21-12/22 伊豆海洋公園ダイビング (1)

ここからは、2013年12月21日-22日の、伊豆海洋公園の写真を掲載していきます。

クリスマス前の3連休の初日。
朝は冬らしい冷え込みでしたが、空は気持ちの良い快晴。

ただし通過したばかりの低気圧の影響か、岸には時おり、パワーのある波が打ち付けるコンディション。
注意しながら、エントリーしました。

1本目は「2番の根」方面へ。

水温は、一時の冷え込みから3度ほど上がったとか。
18度と、ドライスーツで潜っているぶんには支障の無い状況でした。

水中の視界は霞がかっているも、15mくらいは見えていたかと思います。

根が砂地に落ち込んでいるあたりで撮影した後、浅場へ移動。

その途中で、こんな光景に出会えました。

サルパ?を食べようと突っつく、カワハギキタマクラです。
伊豆海洋公園のサルパ

最初はクラゲかホヤかな?と思いましたが、連なっているということは、サルパでしょうか。

カワハギと比べて見ても、けっこうな大きさですねえ。
この大きさ、そして魚がつついているシーンは、初めて撮りました。

他の魚は集まってこなかったので、フグの仲間にとっての、ごちそうのようです。


カワハギ
Stephanolepis cirrhifer
魚類 フグ目
カワハギ科

キタマクラ
Canthigaster rivulata
魚類 フグ目
フグ科

伊豆海洋公園
2番の根 水深5m
2013/12/21
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/11/13(木) 21:39:10|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
1995年Cカード取得。
各地ダイビングポイントで水中写真を楽しむ、ごく普通のサラリーマン。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

おすすめ商品!

ザ・ワイルドライフ・フォト
ザ・ワイルドライフ・フォト

ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで
ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで

海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)
海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)

潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋
潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋

水の中の光と時間
水の中の光と時間

あわせて読みたい