真壁海中写真館

Underwater Photography

キンギョハナダイ

2013/11/23-11/24 西伊豆・田子 (2)

この日1本目のダイビングを終え、お昼ご飯に西伊豆名物・塩鰹うどんを食べて、しばし休憩。

合計2時間半ほどの休憩の後、船で沖に出ました。

2本目のポイントも、「フトネ」。

しかしエントリーしてみると、あらびっくり。

1本目では感じなかった強い流れが、僕らダイバーを待ち構えていました。
負けないようにフィンキックをして、ロープにつかまりながら、潜行です。

根に降り立っても、強い流れは途切れず。

こんな時はお魚たちも、思うように動けません。


1本目は群れで元気に泳いでいたキンギョハナダイたちも・・・

サンゴの陰に身を寄せて、流れをやり過ごします。
西伊豆・田子のキンギョハナダイ

僕も、片腕で根につかまりながらの、撮影。

わずかな時間で姿が変わる、ダイナミックな自然を感じる光景でした。


キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目
ハタ科
西伊豆 田子
フトネ 水深15m
2013/11/23
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/12/14(日) 21:05:44|
  2. ●西伊豆・田子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンギョハナダイ

2013/11/23-11/24 西伊豆・田子 (1)

ここからは、2013年11月23日-24日の、西伊豆・田子の写真を紹介していきます。

11月後半、秋も深まる西伊豆。
でもこの日は陽射しがあり、陸上は暖かでした。

風はほぼなく、湾内は穏やか。
船に乗って、ダイビングポイントに向かいました。

1本目のポイントは「フトネ」。
沖に出るとやや風は有りましたが、問題の無いコンディション。

船からエントリーして、ロープに沿って根に降ります。
根の形が見え始めたころから、こんな光景が出迎えてくれました。

密集度の高い、キンギョハナダイの群れです。
西伊豆・田子のキンギョハナダイの群れ



川のように、流れる!
西伊豆・田子のキンギョハナダイの群れ



「地吹雪」のように、向かってきます。
西伊豆・田子のキンギョハナダイの群れ


前回9月に潜った時にも、キンギョハナダイの群れを撮影しましたが、その時の何倍いるのだろう?と思うほどの数です。

そして、群れの中心となっているのは、まだ幼魚といって良いサイズの、若い個体。

例年に比べても、多くの数のキンギョハナダイが、このフトネで育っているようです。

「今回の撮影は、キンギョハナダイ中心で行こう!」と思った、壮観な光景でした。


キンギョハナダイ
Pseudanthias squamipinnis
魚類 スズキ目
ハタ科
西伊豆 田子
フトネ 水深17m
2013/11/23
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/12/07(日) 20:03:24|
  2. ●西伊豆・田子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波が泡に変わる

2013/12/21-12/22 伊豆海洋公園ダイビング (5)

2013年12月21-22日の伊豆海洋公園、最後の写真です。

この2日間とも、ダイビングの終盤には「オクリダシ」で、このシーンを狙いました。

岸に打ち付けて、泡にかわる波です。
伊豆海洋公園・オクリダシの波

低気圧が通過した後だったので、ときおりパワーのある波が打ち寄せていたこの日。

動くにはやっかいな波ですが、こんなシーンが撮影できる、チャンスでもあったりします。

一期一会の大切さを感じた、年末ダイビングでした。


伊豆海洋公園
オクリダシ 水深4m
2013/12/22
Canon EOS 40D

FC2 Blog Ranking
 
  1. 2014/11/30(日) 19:56:03|
  2. ●伊豆海洋公園(IOP)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

mak

Author:mak
1995年Cカード取得。
各地ダイビングポイントで水中写真を楽しむ、ごく普通のサラリーマン。
詳しくは作者紹介をご覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

おすすめ商品!

ザ・ワイルドライフ・フォト
ザ・ワイルドライフ・フォト

ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで
ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで

海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)
海の美術館 (青菁社フォトグラフィックシリーズ)

潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋
潜る人―ジャック・マイヨールと大崎映晋

水の中の光と時間
水の中の光と時間

あわせて読みたい